書籍
書籍一覧
ご注文方法
連載コラム
医者の独り言
会社概要
 
サイト内検索
 
最初の言葉
ホルスト・ペールケ 著
横浜ドイツ研究会 訳
46判、 290p \2,200

第二次世界大戦時、ドイツ・ソ連国境を舞台とした、ソ連軍侵攻にともなう一ドイツ少年の苦難の実体験を描いた小説。

この物語りは、著者ホルスト・ペールケ氏の少年時代の悲惨な記録である。一九四六年、東プロシャ。十二歳の少年ローター(著者自身)は、耳と口が不自由な両親を助けながら、廃墟ケーニヒスベルクで、飢餓、病気、死と闘う。 父親は、その地のロシア軍衛戌病院で餓死、母親は病気と飢えで路傍で倒れる。その時から口が利けなくなったローターは、浮浪児となり、ゴミ箱をあさり、豚と餌を争い、もの乞いをし、盗む。街のあちらこちらを動物のように徘徊するローターにとって食べることだけが生きる目標となる。 『ローターは四つん這いになって、餌を求めて動く豚の間に押し入り、豚と争って餌を漁った。必死で餌箱から燻製の魚の切れ端をつかみだし口に押し込んだ。続いて泥にまみれたパンのかたまりをつかみ、口に詰め込んだ。』(文中より)  翌、四七年の年末、家畜用貨車でドイツに運ばれて、ナウムブルクの孤児施設に入れられる。修道女の看護によって、徐々に身体が回復するが、心の傷は癒えず、口が利けないままであった。そしてハルバーシュタットの孤児院に移り人間らしい扱いを受ける。漸く言葉を取り戻し、再びしゃべれるようになる。それが、『最初の言葉』である。 この作品は現代史と自伝とを結合させたものである。特に、東欧における戦中・戦後の様々な実体験に重心を置き、今世紀の全体主義時代とその後の時代に個人がどう関わり合っていたのかを描いている。   著者は、かってアルコール中毒だった。かねてから自分のことを書き留めたいと思っていたが、『一頁を考えるだけで飲まずにはいられなかった』。書き始めることは、断酒から始まった。書き続けることが治療になった。完成したこの本は、徹底した推敲により、自身の問題解決に止まらず、文学としての普遍性を獲得した。  今、著者は、ドイツ各地で開かれる朗読会に呼ばれている。時には、読み続けることに耐えられず、本を閉じる。凍るような戦慄は、今なお更に厳しく著者を襲い続けている。
<横浜ドイツ研究会>


著者紹介
ホルスト・ペールケ氏は、1934年、旧ケーニヒスベルク市で生まれる。両親は1947年、わずかひと月のうちに相次いで餓死した。1947年、東プロシャから「脱国」。ナウムブルクの孤児施設、レーダーホーフ孤児院を経て、ハルバーシュタット児童施設で生活する。1951年養母と共にリュッヒョウへ移住。中学校、煉瓦積工見習いを経て、建築の勉強を始めるが途中で挫折。1957年結婚。3児を得る。その後の生活は、働いては大酒のみに終始する。1987年以降アルコールを全く断つ。現在は年金生活に入り、3人の孫に恵まれリュッヒョウ在住。


Introduction in English

This story is a miserable record in children of the autor Horst Pehlke. It was East Prussia in 1946. From the perspective of 12year-old boy Lotar(the autor himself) were described the terrible circumstances where he struggled against atarvation, diseases, death in ruined Koenigsberg, helping his dumb and deaf parents. His father staved at the Russian garirison hospital, and his mother fell down to death on the roadside on account of illness and hunger. Since then Lothar lost his words, and as waif and stray prowled about for garbage, fighting with pigs for feed, begging and stealing. The only one purpose of life was to get foods for Lothar wandering around the streets like an animal. "Lothar got down on all fours, pushed himself among swines seeking after feed, contending with them. He made frantic efforts to catch pieces of smoked fish out of feeders and stuff them in his mouth, then cram muddy pieces of bread into his mouth."(from the text) At the end of 1947 he was carried on the cattle wagon to Germany, where the orphan asylim in Naumburg consigned him. Tender care of a nursing sister enabled gradually to regain his physical health, but not to heal his physical trauma, staying taciturn. And removed to the orphanage in Halberstadt he met a humane treatment, regained words, and came to speak once again. It is "the first word." This work unites cntemporary history and biography. Important points are experiences of war-and postwar time, especially in eastern Europe, as well as the individual conflicts with the totalitarianism in this century and the next. The author was once alcoholic. Long since he would have liked to write down his own life. Starting on writing began with abstaining from alcoholic beverages. Continuous writing helped the recovery of his health. The completed book reached a literary universality througt his drastic observation. And simultaneously his own problem was also solved. The author is today invited to the readings at various places in Germany. Sometimes he closes the book, as reading further is intolerable. The freezing cruelty pounces ever strongly upon him even today.

Yokohama German Circle

© 2007 ライフリサーチプレス株式会社
コンテンツの無断使用および転載を禁じます